Ogiriahta GT

■小切畑グリーン・ツーリズム研究会

 

西部地区「小切畑グリーン・ツーリズム研究会」

 

 大分県の西部に位置する日田地域は、江戸時代幕府の直轄地として日田代官所が置かれていました。その一角にある大山町は、昭和36年度に興したNPC(町づくり)運動によって、貧しかった村が豊かさを追求し一大変革を成し遂げました。後に大分県知事が提唱した一村一品運動の先駆けとして高い評価を受けました。平成17年の大合併に至り大山町は行政区が日田市となりましたが、そうした誇りは今でも息づいています。

 

そうした中、小切畑集落もバブル経済崩壊後は、疲弊していく農村地域の危機を感じ、「豊かな集落の構築を願った、アクションを起こしたい。」とし、平成15年に小切畑グリーン・ツーリズム研究会を立ち上げました。現在道半ばですが、イベントや農村体験並びに農泊受入などの事業を展開しています。耕地条件に乏しい中山間地、そうした中から編み出された大山方式農業(脳業)農村に触れ、また自然にとけ込み心も体も心地よい一寸贅沢な体験に浸って頂ければ幸いに思います。「訪れたお客様の喜びこそが私たちの喜びであり、そのことによって私たちの地域に新たな活気が生まれる。」そんな相乗効果を大事にしたいと思います。

 

小切畑グリーン・ツーリズム研究会

〒877-0201 
大分県日田市大山町西大山5386
TEL:0973-52-2644

FAX:0973-52-2644